Louis Vuitton : Making of The Python Speedy

Pocket

LV Speedy anatomy of bag


ルイ・ヴィトンが内に秘め、このブランドが重要視する品質と職人技にリスペクトしてみましょう。

蛇革製のパイソン・スピーディーのニューモデルを例にとると、このモデルのバックを完成させる為には400以上の作業行程をへています。

その行程のうち一番困難な作業は、幅が狭く、長いものでは8メートルもの長さの蛇皮の1枚づつを裁断し、異なる皮を組み合わせつつ、左右対称に、そして色合わせを行いながら、完璧に組み合わせて行く作業でしょう。

この比類なきディテールこそがルイ・ヴィトンと言わしめるのです。

パイソン・スピーディー、データ

    • バック1つを創る為に必要な作業行程は400以上
    • 12枚の皮革ピース、仕上げの蛇革及び内張りのラムスキン
    • 9個の部品(手提げハンドルが4、ジッパーが2、ベルトが3)
    • 平均の長さが7〜8メートルある各蛇皮


  • LV Speedy anatomy of bag


    LV Speedy anatomy of bag


    LV Speedy anatomy of bag


    LV Speedy anatomy of bag


    LV Speedy anatomy of bag


    LV Speedy anatomy of bag

  • (Source:CR Fashon Book

    LV Speedy 25LV Speedy 25

    • 上:Speedy bag 25 – price €1,600

  • Advent

    No comments yet.

    コメントを残す

    スパム対策・数を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

    Top