為替・クレジットカードについて

Pocket

為替についてもっと知りたい

個人輸入を考えている方にとって、為替の動向は気になるものです。為替は刻一刻と変化しますし、レートによっては得をしたり、損をしたりすることがあります。しかし明日が自分に有利なレートになる事が分かる人はプロでさえ存在しないのですから、基本的にあまり気にする必要は無いと言えるでしょう。
但し、個人輸入において、為替がどの様に作用するのか、その仕組みは知っておいて損はありませんね。

為替レートがそのまま適用される訳ではない

料金の支払いを外貨で支払う際には必ず、手数料が発生するのは、皆さんもご存知の事と思います。それでは、何処でどれだけ手数料を払っているのでしょうか。

一般的なクレジットカードを使い、海外のサイト等でお買い物をした例を見てみましょう。クレジットカードの為替手数料は、発行する銀行や会社によって均一ではありません。

正確に知りたい場合はカードを発行している会社に直接問い合わせるしか無いのですが、一般的には1.6%〜2.0%と言うのが実際の手数料の様です。複数のカードを持っている方は、支払いに有利なカードを把握しておく事でお得なお買い物が可能です。

使用される為替レートの基準はカード会社がそれぞれ公開しているレートを元にしています。代表的なのは「VISA」「MasterCard」「JCB」ですね。

カード会社の基準為替レート。


  • 具体的に例を挙げると、JCBのカードで100USDの買い物をしたとして、日本円で幾ら支払うのかを確認したい時は、まず上記のリンクの「JCBの基準レート」で金額を確認します。
    換算日(購入決済日)を確認して、例えば、USD(米ドル)= 100.00JPY(日本円)との表示がある場合。
    100USD x 1.6%(JCB公表)x 100JPY = 10,160円
    以上が実際の支払額です。

    ペイパルのカード支払い(外貨)が割安になるオプション設定とは

    ペイパルでクレジットカードを利用して支払う際にペイパル為替レートを使用するか、カード会社の為替レートを使用するかで支払い金額が変わります。

  • 約2%お得なカード会社の為替レートを使用する事で、より安くお買い物が出来るその手順を説明します。

    1. チェックアウトの際、ペイパルを選択し[注文する]→リダイレクトしてペイパルの「支払い方法を選択する」ページに行きます。
    2. クレジットカードでの支払いを選択します。
    3. 「情報確認」ページで[同意して支払う]前に「その他の交換オプション」をクリック。
    4. 「通貨交換オプション」ページで[売り手の請求書に記載されている通貨で支払う。]を選択し、[送信]をクリックして操作を完了して下さい。

  • この操作でクレジットカード会社の割安な為替レートが適用されます。

    大まかな流れは理解しておく

    日々の為替の動向ばかりを気にしていては前に進みません。短期の為替の動きはあまり気にしなくても良いと思いますが、長期で見た時の大きな傾向を頭に入れておくのは悪いことではありません。
    積極的に個人輸入を利用される方は、少なくとも月に1〜2回は、長期のチャートを眺めてみましょう。


    Advent

    Top